粉末茶

【急須が要らない・茶殻が出ない「緑茶」】
簡単に湯水に溶けるため手軽に飲めて、携帯にも便利。
粉末、または粒状で、水か湯に完全に溶け、水色は基本的に煎茶と同様です。
形状は抹茶に似ていますが色は抹茶のように鮮やかではなく、茶筅で点てても泡が出ません。

【「抹茶」・「粉茶」・「粉末茶」…原料は同じ緑茶】
茶の樹の学名はカメリア・シネンシスといい、緑茶は「不発酵茶」に属します。
不発酵茶「緑茶」、半発酵茶「烏龍茶」、 発酵茶「紅茶」、後発酵茶「中国黒茶」など、
「不発酵茶」は、生葉をすぐに加工し酸化を止めるので、 美しい緑色が茶葉に残ります。

【茶の有効成分を簡単・まるごと摂取!】
粉末茶の大きな特長は、水溶性なので茶の成分をふんだんに摂取できることです。
ふだん飲むお茶(抽出液)では摂ることができない有効成分も、しっかりキャッチ 。
特殊技術で茶葉を丸ごと粉砕したお茶ですが、最近では顆粒タイプの即席茶もあります。

【おいしい即席粉末茶の入れ方】
①煎茶を粉末にしたパウダー状なので、湯・水に溶くなどでいただきます。
②湯で飲む場合は、粉末茶(耳かき1杯〜3杯程度)を茶碗に入れ湯を注ぐ。
③水で飲む場合は、水1ℓに粉末茶をティースプーン1〜2杯程度入れかき混ぜる。
※パウダー状なので、ケーキ作り・料理など広い用途に使うことが可能。

1件の結果を表示中