ほうじ茶

【番茶や煎茶を焙煎した香ばしいお茶】
下級煎茶、茎茶、番茶などを高温で焙煎したのがほうじ茶です。
ガスで炒る方法やセラミック粒、電気などで炒る方法があります。
独特の香ばしい香りがあり、特に茎ほうじ茶には、華やかな焙焼香があります。

【子供からお年寄りまで楽しめるほうじ茶】
製造工程において、茶葉を高温で加熱し、一気に冷ますことにより、もともと茶葉に含まれるカフェインの成分が壊されると同時に、カフェインの味の成分である苦みが消えます。
これが体にやさしいほうじ茶の秘密です。

【アロマ効果があるほうじ茶】
ほうじ茶には、香ばしい香にアロマ効果もあるので、リラックスしたい時などに飲む事も楽しみの一つです。
古くなった煎茶やくき茶をフライパンで炒れば、家庭でも簡単にいい香りの自家製ほうじ茶を作ることができます。

【おいしいほうじ茶の入れ方】
①大きめの土瓶タイプの急須、またはガラス製の大きめのポットを用意する。
②茶葉を急須などに入れ、沸騰した湯を勢いよく注ぎ入れ、フタを閉じて30秒程蒸らす。
※蒸らすことでほうじ茶の香りがより鮮やかに引き立ちます。

1件の結果を表示中